MR(医薬情報担当)認定試験


◆MR認定試験

MR(Medical Representative:医薬情報担当)とは、

製薬企業にとっての営業マンで、

もともとは「プロパー」と呼ばれていた。

昭和55年に販売促進中心の過度な販売活動の体質改善のために、

MR研修制度をスタートさせ、平成9年にはMRを認定制度とする事が

決定し、 財団法人医薬情報担当者教育センターが

MR認定試験を実施している。


民間資格


受験資格:

1)「医薬情報担当者教育研修要綱」に

定める研修課程を修了し、認定を受けた者。  

2)再受験者 

試験内容:疾病と治療、 薬理学、薬剤学、医薬概論、PMS、

添付文書の基本用語。

【問い合わせ先】財団法人医薬情報担当者教育センター

posted by さくらこ at 19:53 | 日記

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。